伝統と個性の融合。時を超えて深みを増す造形美 京都が世界に誇る茶道文化、その家元が庵を構え、歴史ある寺社や京町家の風情とともに文化の薫りを放つ界隈。
そして、彩り豊かな自然と都心直結の利便性を享受しつつ、静かな住宅地として成熟する街「烏丸鞍馬口」。
意匠においては、この地の系譜に敬意を払いつつも、
自らの存在感を示すために伝統の継承と個性的な造形の両立を目指しました。
基壇部には、京町家の特徴である深い軒を取り入れ街並みとの調和を演出。
その庇により水平ラインを強調し、階ごとに素材と色が異なるマリオンを設けることで、変化のある表情を形づくりました。
東京駅や同志社大学を彷彿させるレンガ調タイルを採用したレトロモダンなデザインは、
この地に連綿と受け継がれてきた美意識を継承すると共に新たな邸宅美を創出することでしょう。

Land Plan 美しさ、心地よさ、誇らしさ。 邸宅に求められる、あらゆる本質を究めたレジデンス
街並みに配慮した全体計画。南向きに開かれた品格のある佇まい。界隈の景観に調和するとともに、住まう方の安全性と快適性、そして、プライバシーに配慮した邸宅を創造。

※掲載の外観完成予想図は設計図書を基に描きおこしたものです。植栽は計画中のイメージであり、実際とは多少異なります。また、電柱や周囲の建物は省略しております。
※アプローチ・エントランスホール完成予想図は設計図書を基に描きおこしたものです。植栽は計画中のイメージであり、実際とは多少異なります。
※掲載の各図面は、設計図書を基にしたものです。今後改良のため、変更になる場合があります。
※施工上の都合等により、仕様等が変更される場合があります。予めご了承ください。


>